会則・組織

制定:2016年6月6日

改訂:2017年4月3日

改訂:2018年4月2日

 

第1章 総則

(名称)

第1条  本会の名称は、「事業革新研究会」とする。

(目的・趣旨)

第2条 会の運営は大阪府中小企業診断協会(以下 府協会)の「登録研究会運営規則」に従い、下記の活動を行う。

1  創業・経営革新戦略の策定など新事業活動の推進プロセスと、その支援方法の研究を目的とする。

2  中小企業の存続、発展を支援する。

3  診断士の社会的知名度および地位の向上を図る。

 

第2章  会員

(会員資格)

第3条  本会の会員資格は、府協会の会員であることとする。

2  会員になろうとする者は、本会の事務局に申請し、月例会で承認を得なければならない。

3  会費を年度内に納入しなかった者は、会員の権利を停止、もしくは会員の資格を失うことがある。

 

第3章 役員

(役員構成)

第4条 本会は、次の役員を置く。

代表   1名

副代表  2名以内

運営委員 10名以内

事務局  2名以内

会計   2名以内

この他、必要に応じて、相談役、交流会担当、HP担当等を置くことができる。

(役員の選任)

第5条 代表、副代表、運営委員、事務局、会計等は、会員の互選により選任される。

(役員の任期)

第6条 役員の任期は1年とし、再選は妨げない。

(役員の役割)

第7条 代表は本会を代表し、会務を統括する。

2 副代表は代表を補佐する。

3 運営委員は、月例会の発表者交渉、司会を行う。

4 事務局は、会員管理、会場手配、案内、出欠管理等を行う。

5 会計は、会費の徴収と経費の支払い、会計報告書の作成を行う。

 

第4章 運営委員会

(運営方法)

第8条  当会の運営方針は、運営委員会を設置して、討議の上立案する。

2 運営委員会は、代表、副代表、運営委員、事務局、会計などの役員で構成する。

3  運営委員会は、役員の選任・改選案、会則の改定案、活動計画案、会計収支報告案の作成等を行う。

4  運営委員会は、代表が必要に応じ招集する。

5 運営委員会で決定した事項は、月例会で提起し、承認を得る。

 

第5章 月例会

(月例会の開催)

第9条  本会は原則として毎月1回月例会を開催する他、必要に応じて臨時の例会を開催する

2 月例会では、会員の研究発表等を行う。

3 また月例会では、運営委員会からの提案事項を検討した上、決定は出席者数の過半数で行う。

4  月例会の発表者は、原則として、書記を担当し「開催報告書」を作成する。代表は、「開催報告書」を確認の後、府協会へ提出する。

 

第6章 活動年度・会費・経費

(活動年度)

第10条  本会の活動年度は4月1日から翌年の3月31日とする。

(会費)

第11条  本会の年会費は1千円とし、原則として年度開始時に納入する。新規加入者は加入時に支払う。

2  ただし、10月1日以降に新規入会した会員の初年度の年会費は第1 項の二分の一とする。

3  一度納入された会費は、理由を問わず返却しない。

(経費の支弁)

第12条  本会の経費には、会費及びその他の収入をあてる。

 

 

第7章  雑則

(細則)

第13条  必要に応じて細則を定めることができる。

(定めのない事項)

第14条  本会則、細則にない事項については、月例会時の会議で決定する。

(解散)

第15条  本会は、会員の解散発議が月例会で承認された場合と、府協会の「登録研究会運営規則第11条(研究会の解散、登録取消)」に該当した場合に解散する。

(付則)

本会則は2016年4月1日に遡って発効する。

 

(改訂)

2017年4月3日 第11条 会費を改訂

(改訂)

2018年4月2日 第7条の3 運営委員の役割から書記を削除する。

第8条の2 運営委員会の構成を役員とする。

第9条の4 月例会の発表者は、原則として、書記を担当し「開催報告書」を作成する。

以 上